読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

随分経ったような気がしていた。
でもたぶん、いつものように
1ヶ月経ったくらいなのだ。

先輩からメールが届いた。
なんでもない、どうでもいい、
いつでも送れるようなメール。
それが少し、嬉しかった。
先輩もこの1ヶ月ぐらい、
最後に送った内容や
返さなかったことを思って
長く過ごしていただろうか。

わたしは怒ってるんですよ。
もう縁を切ったつもりまでいたんです。
この先連絡しない、そう思って、
毎日思い出して、それだけで我慢して、
忘れるように願っていたんですよ。
あっさり返すもんですか。

なんて思いながら、1時間もたたないうちに返信する。
単純に嬉しかったのだ。

今朝は奥平くんの夢を見て、泣いて起きた。
まるで夢の中の話になった、告白しなかった後悔。
今回の妊娠中にも、苦しめられるのだろうか。

そんな日だったから、少し嬉しかったのだ。
弱って、わたしのことを思い出して
恋しく思ってくれたらいい。

今日はそういえば父の日。
先輩は、少し寂しかったのかもしれない。
先輩の支えになりたい。