読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日寝る時になって、急に
そうか、今回の原因はやっぱり
あのドアをガンガン蹴ったり
体当たりしてたあれだな、
間違いない。と思い至った。
なんでそんなことに、しばらく
気づかなかったのだろう。
そういうことだけはしないようにしなくては、
と戒めようと思う。
怒った後の、お腹のキュ〜っとした痛み、
あれは本当によくないサインなのだな。
気をつけよう。

この退屈な入院中でも、
クライマーズハイは読みきれなかった。
パラパラとめくっては閉じ、
ラストシーンもチラ見してしまって
だいぶ途中まで理解していたようだけど、
大方内容に興味が湧かなかった。
ということだと思う。
推理物好きだって言ってたもんな。
伏線が綺麗に回収されようと、
なんの興奮も感じず、それより
やっぱり奈都さんのような
心にピタリと当てはまるような
優しい表現に痺れてしまうのだ。
大事に思う人の、買ってくれた本だろうが
どうがんばっても興味が湧かないこともある。
ただ、この本をやっと大事にどこかにしまっておこうと思う。