読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早くて1年後だと思っていた
先輩との再会が、1週間後になった。
また自転車で帰ってきて、
わたしに会いにきてくれるみたい。

急すぎて、慌てて準備をする。
いろいろと、気合いを抜いている。
何よりカラダ、大丈夫だろうかとそればかり気になってしまう。

あぁ、シミとりしてからだと思ってたのにな!
髪も伸ばしっぱなし。眉毛も適当。
新しいリップ買いに行かなくちゃ。
眉描きも。
洋服はあるから、下着買わないとな。
来年夏までしまおうと思っていたグレーのTシャツ、
こんなに早く着ることになるとは思わなかった。

カラダ、わかってしまうだろうか。
それなしでもわたしは会いたいけど
先輩にそう言うわけにいかないし
たぶん最終的には、するし
どうか、先輩がわかりませんように。
どうか、無事に1日が終わりますように。

妊娠中にセックスするのは初めてだ。
先輩とのセックスは、初めてばかり。
初めて生理中にしたのもたぶんずっと忘れない。
憧れてた妊娠中のセックス。
まさか先輩とすることになるなんて。

それにしても、1年に1回って言ったのは先輩なのに
この夏を1年に1回だなんてしれっと言って どうしたんだろう。
次は年始に、って言ってたのに。
環境が変わることへの不安なのかな。
楽しい1日になるといいな。
わたしに会いたいと思ってくれたのなら嬉しい。

会いたいを言わない作戦は見事成功したみたいだ。
最高の、最悪なタイミングなんだろうか?