読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入院10日目。ついに2ケタに突入。
毎日何もない、けど昨日は先輩に電話をかけてしまった。
孤独を感じてしんどくて、ふと、電話に出てくれそうな曜日・時間帯だった。
当然出なかったけど。いつもの長さぐらいでいつもの音声が流れた。
眠れなくて1時間半くらい、暗闇の中で自分の考えに追いつめられていると急に電話が光ってどきりとした。
先輩からのメールだった。
これまたいつものような、どうしたの?というメール。
どうしたもこうしたも、先輩からメールが返ってこないのに追いつめられていつもしんどくなってるのに、と思いつつすぐ見てしまう。
全然やり取りする気がないのはわかって、しょんぼりするけどメールをくれたというのはとても大きくて、その日はそれだけで眠れると思った。
妊娠、とか、縁を切る、とかとは少し離れたかな?と期待した。
先輩も元気がないらしかった。
忙しくて構う余裕がない、という感じだと思うけど
大好きです、と送って締めた。
送れただけで幸せ。
電話しようと思えばできたのだろうか。先輩がして欲しいことはいつもわからない。
とりあえず縁を切ることができなかったけど、これでよかったとも思う。

一方、今日の午前中突然現れた旦那。
先輩と連絡できても、こちらはこちらで全然気が晴れなかった。辛くなる一方だった。意外だった。随分、旦那のことを頼りにしていたみたいだ。

今回どちらも見切りをつけようとして、気持ち的に自分を追いこんで、気づいたこともまたあった。今の生活は随分旦那に守られている。そう感じた。それが一番の発見だった。