元旦の朝晴れて風なし、で、しばらく幸先がいいスタートを切っていた2019年。

相変わらずくじ運は悪いし、旦那も相変わらず感じが悪くむかつくし。今年のおみくじは残さなかった。しばらくその習慣からも解放されようと思う。

 


義弟嫁は歯医者でずっと顎と歯並びの矯正をしていて、命をかけた手術になる、だの、今より綺麗になって旦那を捨てて若い男をつかまえる、だの、両方の親に子どもを分けて預ける、だの、人の試験に被せてきたのでそれを配慮してくれるよう伝えても、怒涛の逆切れで周囲を巻き込んで巻き込んで、結局、南海キャンディーズしずちゃんみたいになって帰ってきた。

それで周囲の人々は同情してるのか、というか旦那が、わたしがちょっとでもけなすと、極悪人でも見るような顔して、いつの時もつまりはわたしを一番悪者にして、地に落とすことでしか、自分の地位を保てない。そんなやり方で、40歳代で通用しないと思うのだ。それにほとほと呆れるし、こんなくだらない家に嫁いできてしまったのだと、新年からがっかりしている。

 


今朝は広野くんが夢に出てきた。

あの子の夢をよく見る。

いつも、しっかり会えた感がある。

7日は会えるかな。

 


今日はふさぎ込んで寝ているのだけど、その理由がよくわからなくて、さっきふと、味方がいないからだな。と思い至った。

自分の味方をしてくれるはずの旦那が、他人の肩を持っている。そんなところに、行きたいわけがない。

敵。あれは敵。憎むべき敵。

じゃあなんで一番身近な人って、憎しみが湧くのだろう。わたしの気持ち次第なのだろうか。

いい人と結婚しなかった。それだけなのかな。

明けましておめでとうございます。

待ちに待った2019年。

平成も早く終わってしまえ。

 


気になるあの子は渡辺くんというのだけど、わたなべとたなべだ、なんてよぎって起きた今朝。

 


自分の中に曲がった考えが浮かんできても、否定もしなくなったこの頃。歳のせいだろうか。

そう、わたしは性格悪いんだよ、と思いながら、義弟嫁の整形失敗の顛末をいい気味だと思う気持ちを止められず、別に改めなくてもいいと思っている。

ばちが当たったんだよ、人を見下してばかりいるから。人の上にのし上がって自分だけいい思いをしようとして、それが当然だと思っているから、あんな酷い顔になったんだよ。

昨日の最終日は眼鏡の気分で、この姿を見てほしい気もすると思いつつ玄関に向かうと、何やら学校が騒がしい様子。

ある理由で臨時の職員会議が開かれるという。

仕事納めの日、少ない人数で静かに終えるはずだったのに、会いたいと思っていたあの子に、じゃあ会えるじゃないかと、浮き足立ってしまった。

会えて、思わずちょっとだけ積極的に話しかけてしまった。

尻尾ふってるのバレてないかしら。

会いたい会いたいと思っていたら、会えた。

そういう事が、恋の最初には起こる。

それに完全にテンションが上がっていた。

 


あの子に急に落ちたのだ。

僕が灯油を入れてきます、と言われた時はまだ好きじゃなかった。なんとなく、蕎麦打ちのペアになれないかなとは思っていた。意外すぎるキュートなエプロン姿に、可愛いなと思って。その日の夜の夢だっけ、この子、優しいんだなって思ったのは。その日ぐらいから、といっても次の日は午前中で帰ったんだっけ。ほとんど職員室にもいなかったし。いつだっけ、あっ好きになってしまったと思ったのは。蕎麦打ちの午後だっけか。

 


今日、田辺さんを見た気がした。

彼は彼で好きだな。

今日も会えて幸せ。でも明日からいないんだな。

可愛い、と思いながら見るようになった。

今朝、夢か何かを見て、あぁ、あの子優しいんだ、と気づいた。

優しくされると嬉しいよね、単純に。

明日、何かの間違いで来ないかな。なんて。

今日は寝る前も田辺さんのことが浮かんだいい日。

あのフライングの後の、意外な会釈。もう一度、や、もっと、踏み込めたら。仲良くなりたい。

 


冬休み。

やっとのような、あっという間だったような。

明日は親を接待、ずっと掃除。元気が続きますように。

やっと明日1日。

今日は慌ててカットに行って、切りすぎてしまった。17時に余裕で間に合うはずだったのだけど、仕方ない。新人さんによくしたいからね。

まあ、あと10分早く着いたところで、今日はこのぐらいの長さの気分だったし、どのみち失敗してた気もする。

今日もいいことも悪いこともあったけど、仕事が進んだ。明日は理科のチェックをして終わり。SASA終わり。チェックが終わったら、提出の準備をする。

 


朝起きぬけに田辺さんが浮かんだから、今日はいい日。

今年はついてなかったなぁ。

なんだか、いろんな歯車が噛み合わなかったと感じるけど、わたしが全て悪いのかなぁ。そんな思いに押しつぶされそうになったことが多い1年だった。

なんとなく、劇的に来年はよくなるという気もしない。堪え忍ぶことが続いていくような気がしている。

 


来年は、教採を最後にするということ。この市以外で支援員を続けるということ。それか次は違うことをするとして、それが何か考えないといけない時期も来ている。

 


義弟嫁にはひどい目にあったけど、縁が切れたのは本当に楽だった。頻繁に来なくなったのも嬉しいし、あの嫌味を聞かなくて済むと思うと、多少の気まずさより、ずっと気楽だ。

 


どうして、わたしは大して幸せじゃないのに、女の人に妬まれることが多いんだろう。今となってはそんなに美人でもないのに。なんか、嫌味なのかなぁ。言うこととか態度とかが。それとも馬鹿なのかな。腹を立てられていることが多いよね。特に最近。