今日は修了式。 

朝一、ドアの向こうで遠慮してるのは彼じゃないかと、そろそろ開けるとやっぱり渡辺くんで、今日は朝からついているなんて思って始まった一日。

 


お昼をほんのり期待してたけど、やっぱりお弁当が出た。えび天だったので、少し迷って、エビアレルギーを理由に主に渡辺くんに、どなたかエビ食べてくれませんかと頼んだ。あ、じゃあと名乗りを上げてくれて、2つとも取ってくれた。

わたしの食べられないものを、渡辺くんが平らげてくれる。エロい。とてもエロい。それだけで今日を終えてもいい。

しかし、ハイライトはそれだったな。

わたしの嫌いなあの子を、渡辺くんはきっと嫌いじゃない。それは引いちゃう。

 


それだけじゃない、今日はなんだか、薄ぼんやりした拒否のようなものを感じて、それで自分の仕事に逃げてサクサクサクサク物事が片づき、完全に25日は休める準備ができた。3日間完全オフ。この連休中に、次の勤務先も決まるのだけど。

あぁ、やなとこだったらどうしよう。

井上くんに出会いたいだけなんだ。

渡辺くんが好き。

最近は夜中想いを馳せている。途中目を覚まし、また渡辺くんのことを考えて眠る。寝不足気味になるけど、仕事のプレッシャーもない、この上ない幸せなのだ。

 


楽しかったほのかな日々。何も結論が出ず終わってしまうのか。想いを伝えないことに慣れて、これでいいと思っている。そりゃあ、これでいいしかないのだもの。あぁでも、楽しかったなぁ。わたしだけかな。繋がりたい。連絡を取りたい。本当は。

 


どこの学校になるのかな。

また同じだったりして。それだと、嫌なことは続くけど、渡辺くんといれたなぁ。

井上くんと一緒になりたいから、してることなのだけど、なかなか、真っ直ぐな道は歩けない。

 


でもねぇ。どの顔で言ってるんだと思うねぇ。

顔が悪くなったなぁ。もう少し良かったのにな。

学校のイベント、ストーブ片づけやワックスがけなどがサクサク終わっていき、渡辺くんとろくに交流もないまま、来週なんかは2日勤務のみである。

 


今日は学校に赤ちゃんがきたけど、それで、渡辺くんも寄ってきていて、ちょっとお話できた。

渡辺くんと話すのは楽しいなぁ。

向こうはそんなこと思ってないのかなぁ。

わたしだけが楽しいのかなぁ。

今日は珍しく、向こうから振ってくる話もあって嬉しかった。テンパってうまく受けとめてあげれなかったのが悔しい。金曜も話せるといいなぁ。

朝からずっとスマホを見ている。

あ、でも眼科に行って、昨日何食べたを熱心に読んでいた。借りてきて全部読みたいなぁ。ずっと調子が悪かった目のかゆみやボヤボヤに目薬がよく効くといい。

 


急にツイッターに通知がついて、ずいぶん前の返信にヤスノリさんがいいねしてくれたような気がする。ヤスノリさん、会ってみたかったけど、こもちししゃもとかいう人があまり好きじゃなくて、冷めている。

 


渡辺くんの特別になんてなれない。

希望の学校に行けるかもわからない。

最近の頭の調子がいいのは、働き始めたからということもあるだろうけど、恋愛は人の脳を若返らせるんだろうとも思っている。

 


何もない空虚な気持ちの中、少し先輩が現れるようになった気がする。次の学校に行ってまた新しい恋をすれば、それも消えるだろう。前からそうだったけど、先輩は全然夢に出てこない。わたしの深層心理にはいないのだ。結局惜しいのはセックスだけなのかもしれない。

 


急に暇になったな。

あんまり変わったことなんてないのに、授業が週3回あった、その準備をせねばというプレッシャーは、わたしの色んな時間を奪っていたのだろうか。スマホぐらいしか見るものがない。ずっと見てしまうので、ほんとに漫画を借りてきたいな。

 


田辺さんは元気だろうか。

金曜は完全に嫁ばっかりで、土曜に送り迎えに来てる時はきっとあるだろうに、もう会う機会がない。向こうは何か思ってるだろうか。思ってないか。またうちの子が土曜バレエ復活したら、会えるかな。でも、しばらく土曜習い事はいいや。

 

今日も何もなかった。

あの子はバレンタイン渡したのかなぁ、だったらお返しはもらったのかなぁ。

 


期待してたのになぁ。ていうかまだ期待してるんだと思う。わたしは諦めが悪いから。

まだ、渡辺くんは照れているんだと思っている。

わたし、そういうとこ危ないんだろうな。

思い込みが激しいんだ。

 


今日で話題は尽きて、来週は、どんな4日を過ごすんだろう。ホワイトデーが過ぎた朝は、何を考えることもなくなった。

 


来年、この学校はどうなるんだろう。

あの子もあの子も、わたしも、あの人も、あの人も、変わるとしたら、いい学校になるのかな。

昨日、そういえば書こうと思ってたのに、今日はホワイトデーだってこと、どんな顔して過ごせばいいとか、パターンを想像してみようと思ってたのに、全然忘れて、結局、何もなかった。なんでもない3月のうちの1日だった。バレンタインにもらえない男の子の気持ち、なんかよくわかったなぁ。

 


日中は、やたら渡辺くんと目が合う気がして、朝の職員室とか、階段とか、だからちょっと期待してしまって、でも、今日は少し残業したのに、ろくに話もしないで、終わっちゃった。

 


たぶんがっかりしてるけど、このまま、期待して過ごして、失おうと思う。

今日は卒業式。

急に冬。

 


今週頭は忙しくて、日記をしばらく書いていなかった。わりと毎日小さなキュンがあったのに。

セロテープを指渡ししたり、月曜日の帰りにもういいやと思ったり、火曜の朝に珍しく向こうからおはようございますと言われてもう機嫌よくなってしまったり。

 


卒業式の準備や後片づけで自由な時間が多かったから、いつもより見れたり、話しかけることができた。

今日は写真撮影の時、なんだか隣に立たれることが多くて、照れて気遅れてしまって、どうして、側に寄ってきてくれるんだろうと簡単に舞い上がってしまった。そのせいか、校長先生のネクタイが素敵で、それを褒めようとしたのに、ふと目に入った渡辺くんのネクタイも、純白で綺麗でとても渡辺くんらしくて、ネクタイ、週末に新調されたんですね。はい、いいのを買いました。すごく、素敵ですね。なんて面と向かって普通に言ってしまった。

 


それをどう思っただろう。

その後も体育館とか追ってきてくれたけど、普通。まぁわたしも普通だし、普通。普通に褒めたかったから褒めた。素直に出てきた言葉だった。

好意を伝えたみたいになっただろうか。

 


渡辺くんとは二次会に行きたいのに、他の先生とは行きたくないのだ。