読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は退院の日。
相変わらず、だんなはその辺にいた方が嫌気がさす。
いない方がお互い いいのなら、なんの為に一緒にいるんだろうか本当に。

昼に、病院に産後で入院中の妻のところに娘を置いて、娘は昼ご飯を分けられたからいいけど、お乳がカチカチで時間だから授乳したいのに、すぐ戻ると言って1時間経つから電話をかけたらキレ、戻ってきたと思ったら通帳記入だの100均だの、この後でもいける用事をしていて、せかすから昼ご飯を買ってこれなかったと言ってキレ、なんでこんなに頭悪いんだろうな、と半ば呆れ、こっちがせっかく時間をかけてメールした内容もおざなりにするからそれを指摘するとキレ。
とりあえずいる方が邪魔そうだから、なるべく早く排出しようと思いつつ、先輩の離婚の経緯に思いを馳せる。

わたしも、娘に下の子をつくってあげたという使命を果たしたら、もうだんなと離婚したいと思うのだろうか。産後10ヶ月ぐらいで。
離婚はまぁ、常に思っていたけれど、下の子がどれくらい赤ちゃんでも、決心がつくものなのかな、とこれからの生活に今度は希望をなくす。
産後というのは本当に、アップダウンがあるので、自分のこと大事に過ごそうと思う。
それを第一にするから、だんながいらなくなるのかもね。

 

わたし達が仲悪そうにする、その時、最近の娘はとても悲しそうな顔をする。

それはわたしにとってもとても悲しい。

本当はだんなに優しくしてほしい。

構ってほしい。

きっとわたしの深層心理はそうなんだと思う。結婚した時からずっと叶えられないでいる、悲しみ寂しさ。

娘まで悲しい思いをするなら。

それも一因となるのかもしれない。

 

それにしても、今日の兄が授乳中の部屋に来た時の目の気持ち悪いこと。

目を全く離さず、そらしてくれない。

あっちに行ってほしいのに、普通そういう場面に出くわした場合の普通の対応を忘れ、我を忘れて覗く感じが中学の頃と全く変わっていないのを感じ、ひどい嫌悪感を感じる。

変態には二度と会いたくない。